古いガレージのシャッターに生じるトラブルを改善するための心得

車両を仕舞うガレージは密封性を向上させるために出入り口にシャッターを使用するのが一般的ですが、用途の性質上、車両の出し入れの度に上下させることになります。
また、経年劣化に伴いレールや結合部分に損傷が生じて軋みの原因になることがあります。
劣化した金属が軋む音は人によっては強い不快感を覚えることがあります。
また、軋みをそのまま放置するとガレージそのものに損傷が生じるケースもあるので速やかに対処することが大切です。
シャッターの軋みは結合部分に錆が浮いたり汚れがこびり付くことで発生しやすいので、潤滑油を使用して滑りを良くしたり詰まった汚れを取り除くことでトラブルを軽減させることが出来ます。
その一方で極端に古いガレージはシャッターに穴が開くほど腐食している物もあるので、状態が良い新品と交換する必要があります。
車両を保管する設備は常に風雨に晒されて劣化が進みやすいので、日頃からこまめに点検や清掃を行って傷みを累積させないように気を配ることが長持ちさせるための秘訣です。

ガレージのシャッターを長持ちさせるための心得

自動車を保管するガレージに備え付けられているシャッターは頻繁に開閉を繰り返すことから結合部分やレールが傷みやすい点を注意します。
また、屋外に設置されているので常に風雨に晒され、僅かな傷でも放置すると錆や損壊などのトラブルに見舞われる可能性があります。
ガレージを長持ちさせるためには日頃から丁寧に扱い、傷んだ部分は速やかに補修することが大切です。
特にシャッターの状態の良し悪しはガレージの気密性に大きく影響することから取り扱いには細心の注意を払う必要があります。
シャッターは古くなると強度の低下や変形などの不具合が生じることがあるので、傷みが多い場合は新品と交換することも選択肢の一つです。
近年では強度を維持しながら軽量化の処理が施されている製品が普及しているので、余計な力をかけずに速やかに開閉を行うことが可能になっています。
また、錆止めなどの処理を施すことで耐久性を向上させることもより長持ちさせる工夫の一つです。

サブ設置ここから-->

おすすめWEBサイト

最終更新日:2016/1/20